厨房機器 買取 デジカメ プリント
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | page top↑
幼児教育とアルクその2
6歳くらいまでの幼児教育のためには「アルクのabc DVDボックス」が用意されています。
DVDの中にはミニドラマやアニメーションが収録されています。
ミニドラマには親しみやすいキャラクターが登場するため、飽きのこない内容となっています。
アニメーションは鮮やか色使いで作製されているため、見ているだけでも引き込まれる内容になっています。
ミニドラマやアニメーションと通して身の回りの単語や挨拶などを習得していきます。
DVDには日本語は一切入っていませんが、英語が苦手な親のために日本語のガイドブックが用意されているので安心です。
各パートの時間的な長さは約12分となっているため、幼児が集中するためにはちょうどいい時間設定となっています。
これらのDVDは1日1回見せる習慣をつけたほうがいいといわれています。
英語のフレーズを毎日繰り返し耳に入れることにより、英語をマスターしていくからです。
集中できない時は12分間すべて見せる必要ははく、興味のある所だけを見せるようにしましょう。
少しでもいいから毎日見せることが必要であるようです。
まさに「継続は力なり」といったところでしょうか。
エンジェルコースではイギリス英語でしたが、「アルクのabc DVDボックス」におけるDVDのナレーションは、アメリカ人によるアメリカ英語となっています。
ネイティブスピーカーですので、正しい発音が身に付くことでしょう。
幼児教育として「エンジェルコース」と「アルクのabc DVDボックス」を併用している人もいます。
食事中やドライブ時の車の中では「エンジェルコース」のCDを聴かせ、家庭内では「アルクのabc DVDボックス」を見せるという方法です。
| 幼児教育 | トラックバック(0) | page top↑
幼児教育と英語教材その1
幼児教育における英語教材に「ディズニーの英語システム」があります。
この教材はミッキーと遊んでいるうちに、英語がどんどん身近になる、というものです。
この教材にはカードやDVD、ビデオや絵本、CDなどがセットになっており、大人も一緒に楽しむことができる内容となっています。
絵本にはディズニーに関する話が沢山収録されています。
絵を見ながら文法などを理解することのできる工夫がされています。
DVDやビデオはディズニーのキャラクターが登場し、手遊びや歌を歌いながら英語に親しむことができます。
音の出るカードも収録されています。
このカードを機械に差し込むことにより、英語の音を聴くことができるのです。
「トークアロング・カード」と呼ばれるカードでDVDや絵本、CDに登場した英語のフレーズを繰り返し練習することができます。
フレーズの内容はカードを通すたびに変化することから、英語圏の子供と話しているような錯覚をおこします。
歌のCDには170もの曲が収録されています。
幼児でも一緒に踊ったり歌ったりすることができる曲ばかりです。
「テレフォン・イングリッシュ」というサービスもあります。
このサービスはネイティブの先生と電話で話しをするというものです。
優しい口調で話してくれるため、小さな幼児でも安心して話すことができます。
テレフォン・イングリッシュでは英語で話すだけでなく、一緒に歌なども歌ってくれるようです。
幼児教育として英語教育を考えているのであれば、無料のお試しビデオなどもあるようなので、興味があれば試してみてください。
| 幼児教育 | トラックバック(0) | page top↑
幼児教育と英語教材その2
英語教材に「セサミえいごワールド」というものがあります。
「セサミえいごワールド」の中には素敵な映像とテンポのよい会話が沢山盛り込まれています。
セサミストリートの世界には大人であっても思わず引き込まれてしまうものがあります。
幼児教育で英語の教育を、と考えている人にとっては、大人も楽しむことのできる「セサミえいごワールド」はお勧めの教材です。
「セサミえいごワールド」にはDVDやCD、カードシステムがセットになっています。
カードシステムではクイズ形式のものがあったり、会話があったりなど、ゲーム感覚で楽しく遊べるところが魅力です。
カードシステムではネイティブの発音が流れてくることから、その発音を覚えることも可能です。
幼児教育であれればこそ、きちっとした発音はおさえておきたいポイントです。
DVDではキャラクターのディンゴが大活躍する、という内容となっています。
ディンゴと一緒になって簡単な会話や数、色などを学ぶことができます。
知らない単語や会話がでてきても、楽しい内容であるため子供はずっと見ているようです。
結果として単語や文法、発音などを自然に覚えてしまう、ということでしょうか。
「セサミえいごワールド」で英語を習得することは、日本語を習得する過程と似ています。
英語が苦手な親のために、日本語訳や、内容について子供に尋ねるための英語表現が収められたガイドブックが用意されていますので安心です。
カタログ請求をすると、もれなくサンプルCDやDVDが送付されてきます。
| 幼児教育 | トラックバック(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。