厨房機器 買取 デジカメ プリント
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | page top↑
幼児教育と脳への刺激
幼児教育幼児教育では脳への刺激が大切であるといわれています。
脳が急速に発達する3歳くらいの時期に幼児教育を行うとよい、という考えがあります。

脳への刺激は3歳位の敏感な時期に行わなければならず、あとになってからでは遅いという話も聞いたりします。本当でしょうか。

そもそも脳の発達とはどのようなことを指すのでしょう。
脳の発達とは脳細胞の繋がりのことをいいます。
脳細胞には突起がついており、その突起同士に電気が通りやすい回路をつくっていくことになります。

脳が発達するということは、この繋がりが上手に出来て機能が向上することを指すようです。脳の細胞は100億以上あると言われていますが、これらの細胞が複雑な回路を組み上げていくのです。

しかし、これら多くの組み合わせも、すべて使用するのかというと、そうではありません。
使用しない組み合わせは解体されていきます。
組み合わせを作る作業と解体していく作業は一生続くと言われています。
3歳までに作られた組み合わせも使用しなければ解体されてしまいます。
多くの刺激を3歳までの脳に与えたとしても、使用しなければ消滅してしまうのです。

多くの刺激を受動的に受けるというより、自発的な刺激を受ける雰囲気と機会を作ってあげることが大切であるようです。
テレビをずっと見せているよりは、自然の中で風を感じたり土の匂いを感じたり、虫と戯れたりという刺激が脳にとってはいいようです。

結果をいえば、特別な刺激を与えなくてもいいようなんですね。

| 幼児教育 | トラックバック(0) | page top↑
こどもちゃれんじで幼児教育
ベネッセコーポレーションでは6ヶ月の乳児から高校生までの子供が利用している通信教育です。
「進研ゼミ」といえば、ほとんどの人が1度は聞いたことがあるでしょう。
「進研ゼミ」はベネッセコープレーションが小学生から高校生までの子供を対象にした通信教育のことを指します。
小学生未満を対象とした幼児教育用の教材は「こどもちゃれんじ」と呼ばれています。
「こどもちゃれんじ」では6ヶ月から6歳まで、各年齢に合わせた絵本やビデオ、CDなどが送られてきます。
各年齢の発達状況に合わせた内容となっていますので、子供はすぐに夢中になることでしょう。
絵本はDVDの内容を通して社会のルールや決まりごと、友達などとのコミュニケーション方法などを体験していきます。
もちろん、絵本やDVDに登場するキャラクターは「しまじろう」です。
「しまじろう」と一緒に様々な体験をし、子供の中に芽生えた興味や意欲を引き出すことを目的としています。
幼児教室に通うにはそれなり時間も必要です。
昼間働いている環境では難しいでしょう。
そのような人でも、通信教育を利用すれば家庭でも幼児教育に取り組むことができます。
「こどもちゃれんじ」を卒業したら「進研ゼミ小学講座」に入りましょう。
小学講座では学習習慣をつけることに大きな目的をおいているようです。
小学生の段階では、なかなか勉強はしてくれません。
なぜなら学習をする習慣づけがされていないからです。
学習する習慣さえ身についてしまえば、今後の成績は上がっていくことでしょう。
| 幼児教育 | トラックバック(0) | page top↑
幼児教育とアルク
0歳時から始めるバイリンガル教育というキャッチフレーズで英語の教材を提供しているのはアルクです。
アルクでは幼児教育として長年培ってきたノウハウがあり、長年の経験から教材が開発されています。
0歳から3歳までは「エンジェルコース」というプログラムが提供されています。
乳幼児期は言葉をどんどん吸収していく時期であります。
アルクの教材の特徴は、この時期に英語を繰り返し聞かせることで、英語を聞き取る耳の機能を養っていこうとするものです。
エンジェルコースの方法は1日30分間CDを聞かせるというものです。
1日30分を毎日繰り返すことにより、耳の機能の向上を図っていきます。
CDにはグリム童話やアンデルセン童話のほか、マザーグースや遊び歌などが収録されています。
また、母親の優しい声が語りかける、親と子供の会話なども収録されています。
「童話」や「親子の会話」の合間にはモーツァルトの曲が収められています。
モーツァルトの曲には、集中力や記憶力を高める効能やリラックス効果があるといわれています。
これらの効果を期待すること以外にも、さまざまな音域の音を聞き取る耳の機能を高めていく目的があるようです。
エンジェルコース のナレーションはアメリカ英語ではなく、イギリス英語となっています。
イギリス英語の周波数はアメリカ英語の周波数よりも高いといわれています。
幅広い周波数の音に対応できるようにイギリス英語を採用しているようです。
アルクの教材は、胎児の段階から使用することができますので、早期からの幼児教育を考えている人にはお勧めの教材です。
| 幼児教育 | トラックバック(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。