厨房機器 買取 デジカメ プリント
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | page top↑
幼児教育と幼稚園
こどもが成長し、乳児期を過ぎると母親に密着した生活から少し離れて幼児期と呼ばれる年代になります。
だいたい2歳くらいの年齢から幼児期と呼ばれるようです。
幼児期になると、こどもは外界に対して積極的に関心を持つようになります。
身体の成長もめざましく、運動機能も日ごとに高まっていきます。
自分自身で物事を考えることができ、考えた結果に対して行動できるようになります。
身近にいる大人や一緒に遊ぶ近所の友達など、人間関係も広がっていきます。
幼児期は人間生活の基礎を学ぶ時期として、非常に重要な時期であるといわれています。
そして、このような重要な時期に様々な教育をしていこうとするのが幼児教育です。
幼児教育と聞いて最初に思い浮かべるのは幼稚園である、という人は多いと思います。
家庭内での幼児教育には限界があります。
各家庭で行うことできない幼児教育をする場所が幼稚園であると思います。
幼稚園には自由に遊びまわれる園庭があり、遊具はおもちゃがたくさんあります。
また、一緒に遊ぶ友達や教師がおり、生まれてから初めての集団生活の場所となります。
家庭生活で提供できない幼児教育を幼稚園では提供してくれます。
現在、全国に約14000の幼稚園があり、様々な形で幼児教育を行っています。
満3歳から小学校に入学するまでの間に幼稚園に通うことができます。
1年間から3年間と、幼稚園に通う期間には幅がありますが、最近では3年間通園する人が多いようです。
| 幼児教育 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://shogakkojuken.blog84.fc2.com/tb.php/30-7de33386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。