厨房機器 買取 デジカメ プリント
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | page top↑
幼児教育は芸術教育でもある
幼児教育には音楽や絵画、ダンスなどの芸術教育もあります。
さまざまな教室で芸術分野の教育に取り組んでいます。
早期からこの分野の幼児教育に取り組むことにより、豊かな感受性やリズム感を育てることを目的とするものです。
感受性やリズム感は早期から学ばせたほうが、より敏感になるという考えもあります。
例えば絶対音感があります。
絶対音感は2歳や3歳くらいで訓練するとマスターが早いと言われていますが、6歳を超えると訓練してもマスターすることはできません。
絶対音感についてのマスターは科学的に証明されているようです。
様々な色や音に触れて、その過程を楽しんだり体験したりすることによって神経の働きはよくなります。
小さい頃にリズムに合わせて身体を動かすことができれば、大きくなってもリズムに合わせて身体を動かせるようになるでしょう。
しかし、それらの早期の幼児教育が抜きん出た才能につながっていくのでしょうか。
早期からの幼児教育の結果、その分野が多少得意になる、というレベルであるようです。
そのため、音楽や絵画、ダンスなどを習わせたい時には子供の感性や成長段階に見合った方法で習わせたらいいようです。
指導の仕方をよく調べ、こどもにとって丁寧で無理のない方法で習わせることが大切であるようです。
そもそも、3歳や4歳くらいで芸術分野での上達を求めることは無理であるようです。
芸術分野の幼児教育は上達を求めるというより、楽しく遊びながら感覚を訓練することに目的があるようです。
| 幼児教育 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://shogakkojuken.blog84.fc2.com/tb.php/24-3282ca19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。