厨房機器 買取 デジカメ プリント
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | page top↑
幼児教育と英語教育その1
幼児教育のうち最もポピュラーであるのは英語教育であると思います。
子供に何か幼児教育を、と考えている人がまず思い浮かべるのは英語教育でしょう。
よく本などで「子供の趣味や年齢にマッチした教材を選んであげてください」と書かれていますが、実際にどのような教材を選んであげたらいいのでしょうか。
0歳児では英語はもちろん、日本語もまだ話すことができません。
そのため、知っている単語もほとんどない状態ですので音を聞かせるだけで十分であるといわれています。
聞いている音も英語であるという意識ではないので、あくまでも遊びの延長として音を聞かせてあげましょう。
テープやCDなど、英語の曲の童謡などはどうでしょうか。
また、親も「幼児教育としての英語」という意識を持たないことも大切であるようです。
そのようなことを考えれば教材はなんでもいいということになります。
親が「この教材で子供と一緒に遊んでみたい」とか「この教材はかわいらしいな」と思う教材はどうでしょうか。
また、子供が積極的に興味を示すと思えるような教材を選んであげるのもいいかもしれません。
0歳児の子供に対しては「英語教育をする」という考えではなく、教材を利用して、親と子供のコミュニケーションを図る、というように考えてみてはどうでしょうか。
この時期は「子供のための英語教育」ということを親も勉強していく必要があります。
そのため、いろいろな教材を試してみるのもいいかもしれません。
| 幼児教育 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://shogakkojuken.blog84.fc2.com/tb.php/21-ee12a81f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。