厨房機器 買取 デジカメ プリント
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | page top↑
幼児教育と英語教育の疑問その1
幼児教育としての英語教育は一般的に早く始めたほうがいいといわれています。
バイリンガリズムの研究結果によると、3歳になる前の幼児には「自国の言葉」と「外国の言葉」という区別はないようです。
日本語と英語を順番に聞かせたとき、「これは日本の言葉」、「そしてこれは英語」というように認識するわけではないようです。
そのため、どちらの言葉であっても抵抗なく吸収していくようです。
3歳になるまでは英語と日本語を同時に身につける機会であるといえます。
幼児教育として日本語と英語を同時に身につけさせたいのであれば、3歳までに英語教育をはじめたほうがいいかもしれません。
しかし、ひとつの言葉は自在に操ることができるようになるまで、相当な年月を必要とします。
「2歳の時から英語教育を始めたので、4歳になったらペラペラと英語を話すことができるようになった」ということは、まずありません。
専門家によると、毎日1時間英語を使用する生活をしたとしても、英語をマスターできるまでには14年ほどかかってしまうようです。
2歳から始めたとしても、英語で誰とでも自由に話すことができるようになる頃は16歳ということです。
10歳から始めて14年かかるよりは、2歳から始めて14年かけるほうが早い時期に身に付く、ということになります。
早く始めたとしても、英語をマスターするまでの時間はそれほど変わりないようです。
ただし、日本語と英語を同時にマスターさせたい、というのであれば、早い時期から幼児教育に取り組むべきでしょう。
| 幼児教育 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://shogakkojuken.blog84.fc2.com/tb.php/18-17487d05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。