厨房機器 買取 デジカメ プリント
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | page top↑
幼児教育と「子供を成功させる方法」
アメリカの小児医学教授であるレヴァイン博士は子供を成功させる方法の7か条を唱えています。
この内容は、幼児教育を行うにあたり大変参考になることであると思います。
第1は、子供が興味を持ったことに対し、親も同じように興味を示すことです。
子供と同じ目線に立ち、様々な問いかけをし、考える時間を与えることが大切であるようです。
時には自分で考えた結果を正確に話すことができるように誘導してあげることもいいでしょう。
第2は、学校で習ってきた内容に対し興味を示すことです。
どんなことに対しても問いかけてみましょう。
復習にもなるはずです。
第3は、読み書きを練習する時間を確保してあげることです。
小学校に入学する前であっても読み書きの練習はできるはずです。
第4は、宿題を行うための静かで、落ち着く環境を作ってあげることです。
宿題を行う習慣づけをし、子供の質問にはいつでも答えてあげることが大切であるようです。
間違っても親が子供の宿題をしてはいけません。
第5は、塾やお稽古は一週間のうち3日までとすることです。
子供が自由に遊ぶことによって、想像力を養うことにつながっていくようです。
第6は、宿題を避ける傾向があれば、その原因を突き止めることです。
必要であれば専門家に相談することも必要となってきます。
宿題を避けることには、必ず原因があるそうです。
第7は、成績の良し悪しで褒めるのではなく、やり遂げたことに対して褒めてあげることです。
幼児教育を始める人は参考にしてみてはどうでしょうか。
スポンサーサイト
| 幼児教育 | トラックバック(0) | page top↑
幼児教育と英語教室
幼児のうちに何か1つでも幼児教育に取り組みたい、という人は沢山います。
一番身近な幼児教育は英語教育ではないでしょうか。
全国には個人経営の英語教室から大手チェーンの英語教室まで、様々な形の英語教室が存在しています。
これら数多くある英語教室のうち「ECCジュニア」は全国に展開している英語教室です。
ECCジュニアのキャッチフレーズは「楽しくってしかたない!話したくってたまらない!」です。
このキャッチフレーズを聞いただけで子供を通わせたくなります。
英語教育のためではなく、日常生活の中での楽しみのひとつとして、ECCジュニアに通わせてみてはどうでしょうか。
ECCジュニアでは「ホームティーチャー」と呼ばれる教師から英語を習うことになります。
ホームティーチャーは子供の能力を最大限に引き出してくれる児童教育のプロですので、安心して子供を預けることができます。
ECCジュニアと同様に、全国に英語教室を展開しているのは「ジオスこども英会話」です。
ジオスこども英会話では1歳児からを対象としています。
1歳から15歳まで、年齢や目的に合わせたクラスが用意されており、いつ入学しても対応できるようなカリキュラムが組まれています。
外国人講師クラスもありますので、そのクラスに入学すれば本場の発音や表現方法をマスターできることでしょう。
幼稚園や保育園だけの毎日決められた環境だけでなく、時には違った環境でコミュニケーションをとることも必要ではないでしょうか。
| 幼児教育 | トラックバック(0) | page top↑
幼児教育とテレビ
幼児教育のためのテレビとして、まず頭に思い浮かべるものは「NHK教育テレビ」ではないでしょうか。
教育テレビはその名の通り、幼児教育のための番組が繰り返し放送されています。
しかし、幼児教育用のテレビは教育テレビだけではありません。
「スカイパーフェクトTV」では子供向けのチャンネルが沢山あり、英語教育に役立つ番組も数多く放送されています。
アニマックスで放送されている「エルモズワールド」はお勧めの番組です。
「セサミストリート」に登場するエルモが、いろいろな仲間たちと様々なシチュエーションを繰り広げます。
英語の音声ですので、自然に英語の音に触れることが可能となっています。
ディズニーチャンネルでは「ミッキーマウスクラブハウス」という番組もあります。
ミッキーやその仲間たちが登場する番組で、楽しみながら英語に親しむことができます。
言葉を覚えようとしなくても、番組を繰り返しみているうちに自然と覚えてしまうようです。
これらの番組は、海外から帰国した幼児にもお勧めの番組であると思います。
海外から帰国し、外国語をまったく使用しない環境におかれると、すぐに外国語は忘れてしまうといいます。
幼児といえども、せっかく習得した外国語ですので忘れてしまったら「もったいない」と思います。
大人になるまで、役に立つときがくるまで、これらの番組を利用して外国語を忘れずにしたいものです。
多くの番組は「英語」となっており、残念ながら「仏語」や「独語」の番組はあまりみかけません。
| 幼児教育 | トラックバック(0) | page top↑
幼児教育とキャラクター
幼児の間で「しまじろう」はとても有名なキャラクターです。
「しまじろう」はベネッセコーポレーションの幼児教育の教材に登場するキャラクターです。
ベネッセコーポレーションが提供する英語教材にも「しまじろう」は登場します。
3歳から4歳向けの教材は「ほっぷ」、4歳から5歳向けの教材は「すてっぷ」、5歳から6歳向けの教材は「じゃんぷ」といいます。
3つのコースが用意されているので、年齢に応じたコースを選択することができ、ステップアップを約束してくれます。
自宅に2ヶ月に1回の割合で教材が届きます。
そのため、無理をせずに着実に教材をこなしていくことができるはずです。
NHKの人気英語番組に登場したキャラクターは「エリックさん」と「JB」です。
旺文社から「ヤミーボックス」という名前で販売されている英語教材はNHKの教育番組「英語であそぼ」から生まれた英語教材です。
「ヤミーボックス」ではエリックさんとJBが登場し、英語の魅力を子供たちに伝えています。
「エクスパット」は絵本を載せてペンタッチすると英語の音が聞こえる、というものです。
エクスパットを使用することによって英語の自然な発音方法をマスターできるはずです。
購入者にはインターネットを利用したサポートもありますので、トラブル発生時には心強い味方になってくれることでしょう。
幼児教育は通信教育でもできます。
「しまじろう」や「エリックさん」とともに英語の世界に踏み込んでみるのはどうでしょうか。
| 幼児教育 | トラックバック(0) | page top↑
幼児教育とアルクの英語教室その2
幼児教育の一環としてアルクの英語教室に子供を通わせるのであれば、幼稚園の年中や年長の幼児は「Kiddy CAT英語教室」の「Aコース」に入ることになります。
Aコースではゲームをしたり、歌を歌ったりというカリキュラムが中心となります。
ぬり絵や切り貼りなどをする時もあるようです。
もちろん先生の英語の指示を聞きながらのカリキュラムとなっています。
このクラスでは先生は英語以外の言葉は話さないようです。
日本語を使用せず、英語のみを使用することによって、知らない文法や単語を聞いたときに「類推する能力」を伸ばすようです。
幼児教育の成果はすぐに表われるわけではないようです。
この時期に英語を学んでも、すぐに英語を話せるようにはなりません。
しかし、目に見える効果は表面上わかりませんが、こどもの耳は確実に「英語を聞き取る耳」になっていくようです。
効果が無いからといって、辞めてしまうようなことをせず、辛抱強く教室に通わせることが大切です。
幼稚園を卒園したら「Bコース」に入りましょう。
Bコースは小学校低学年で英語に始めて触れる子供を対象にしたコースです。
BコースではCDやDVDの教材を使用して英語を学んでいくことになります。
CDやDVDと連動したテキストも使用し、ゲームや歌を取り入れた授業で単語や文法を覚えていきます。
一年生から始めたら、六年生になる頃には中学校3年生レベルの英会話が可能となるようです。
やはり六年間辛抱強く通わせることが大切であるようです。
言葉の習得には「継続は力なり」という言葉がぴったりです。
| 幼児教育 | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。